ニキビは何かと悩みの種

レディ

お肌に関するさまざまな悩みの中でも、経験する割合が高いものの1つにニキビがあります。 ニキビのできる原因にはいくつかのパターンがありますが、最も多いのは毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい、そこに雑菌が入り込んで炎症を起こすというものです。ですからニキビを防ぐには常にお肌を清潔に保つとともに、もしニキビができてしまったときは炎症が進まないうちに早めにケアすることが大切です。 ただ注意しなければならないのは、ニキビは治ったあとも肌トラブルの要素になりうるということです。つまり、ニキビ跡のことです。 ニキビ跡は軽いものであれば治った箇所がうっすらと赤みを帯びる程度で済みますが、ひどいものになるとお肌が凸凹になってしまうケースもあります。これをクレーターと呼んでいます。

ニキビ跡のクレーターとはその外観が月の表面にあるクレーターに似ていることから言われるようになった言葉で、ニキビの治った箇所が凹んでしまっている状態を指します。 クレーターは雑菌の繁殖が進み、お肌の真皮層にまで達してしまうことで起こります。そうなると自然なターンオーバーでは修復しきれなくなるため、新しい細胞に生まれ変わったところと変わらなかったところが凸凹になってしまうのです。 色が変わる程度のニキビ跡であれば塗り薬やケミカルピーリングなどで改善できますが、クレーターの場合は簡単には元に戻りません。段差を目立たなくするような治療が必要になります。 現在行われている治療法で効果が高いと言われているのが、レーザーを用いた治療です。皮膚の一部を蒸散させることで新しい細胞の芽を生成し、凸凹をなだらかにすることができます。

Copyright© 2017 ニキビなどの肌トラブルは早期治療で改善〜綺麗と言われる肌に〜 All Rights Reserved.