ニキビの適切なケア

女の人

気になるニキビの跡

ニキビが気になるのは男女共通の事ですが、ニキビが治った後、たまに跡が残る事があります。これをニキビ跡と俗に言うのですが、赤くなったり黒くなったり、果てには凸凹が出来上がったり。ニキビが治ったとしても、これに悩まされるといったケースは少なくありません。また、ニキビだと思っていたものが、実はニキビ跡だった、という話もあります。ニキビ自体は、きちんとスキンケアを行い、生活習慣を正していけば確実に治っていくものですが、ニキビ跡となると、残念ながらそうはいきません。先述の方法では消す事が出来ない場合も多く、最終的に病院へ通い、治療してもらう、といった事もあります。故に、ニキビ跡は、ニキビよりも遥かに厄介な存在なのです。

ニキビの跡を予防する

ニキビは顔のみならず、胴体(胸部、背部など)にも出来ますから、運が悪いと『跡』も出来てしまう訳で、これは下手をすると消すことが出来ないので非常に悩ましい事となります。勿論ニキビ自体を作らせないのが最も良いのですが、出来てしまった場合にも備えておきたいものです。そこで、ニキビ跡が出来る限り出来ないようにするための工夫を一つ紹介します。それは至って単純明快、常識でもありますが、ニキビを極力刺激しない事です。傷(例えば切り傷)は深ければ深いほど炎症を起こし、跡も残ります。それと同様に、ニキビも出来る限り刺激を与えず、様子を見ましょう。また、特に赤ニキビには注意が必要です。不用意に潰すなどして無理矢理消すと、ニキビ跡が出来てしまいます。また、どうしてもニキビ跡が出来てしまう事もあります。そうした場合、それを消すのは専門の医師の役目ですから、病院に行くことをお勧めします。

Copyright© 2017 ニキビなどの肌トラブルは早期治療で改善〜綺麗と言われる肌に〜 All Rights Reserved.